ハイリスク・ハイリターンの売買益を狙う方法

株の売買益で儲けを狙うという方法は株式投資の王道とも言っていい儲け方になります。また、株式投資で大きく設ける場合にはこの売買益での利益を目指すことになります。この売買益で設けるという方法は単純です。

例えば、自分がある時点で100万円で株を購入したとします。そして、その株が1年後には200万円になっていて、その時点で株を売却します。すると、単純に計算すると売買益として100万円の儲けを得ることが出来ます。最もこの売買益には税金がかかってきたリもするのですが、ここではこのような話はいったん省略します。このように自分が買った株の株価が上昇して、上昇した時点で売却することで買ったときの値段と現在の値段の差額分を設けるという方法が売買益を狙う方法になります。この方法が株式投資の中では一番大きく儲かる可能性が高い方法になります。逆を言えば大きく損をする可能性も一番高い方法になります。したがって、ハイリスク・ハイリターンの性質を持つ投資法としてはこの株の売買益を狙う方法を挙げることが出来ます。

株で大もうけしたという人の大部分はこの株の売買益において大きな利益を出したというケースになります。実際に成長著しいベンチャー企業などに投資してその企業が順調に成長して大きな企業になった場合などは最初に投資した金額が大きく跳ね上がって回収することが出来るという夢のある投資方法にもなります。しかし、このようなベンチャー企業が最悪倒産してしまった場合にはその投資した株式はただの紙切れになってしまいます。そういった面で株式投資の中でも非常にギャンブル性が高い投資方法となっているのがこの株の売買益を狙う方法になります。

確実に計算できる株主優待

株の初心者が株を購入する際の方法としては株主優待に着眼するという方法もあります。株主優待というのはその下部を持っていることでレストランの食事券、商品購入の割引券、遊園地の入場券、お菓子の詰め合わせなどといった株を持っている会社からのプレゼントが届くというシステムになります。

この株主優待にどのような特典があるのかということに注目して株を選ぶというのも初心者にとっては一つの選び方になります。株を購入してその後その株の値段が上がって儲けることが出来るかどうかというのははっきりとは分かりません。今後株価が上昇して儲かると思って買っても、結果的に株価が下落して損失を被ることがあります。しかし、株主優待という株の特典に関しては株を購入した時点で絶対に間違いなく得ることが出来るメリットになっています。株主優待の特典内容をチェックしてその特典が自分にとってメリットとなるようなものであるならば、十分その株を所持し続ける意味はあります。

「株主優待飽食狩り」という株の売買手法

上記の項目では株主優待というもののメリットについて一つの章を用いて記載を行いました。そして、株主優待というのは株の中でも確実に計算できる要素であるため、株の初心者であれば株主優待が魅力的かどうかで株を選ぶのも一つの指標とできるという内容でした。

したがって、このような株主優待を目的として株を購入するという投資家が株式市場には一定数存在します。そのような投資家が存在するため、株主優待を設けている株については特徴的な動きがみられることになります。それが「権利確定月」というその月に株を持っている人が株主優待を受けることが出来るという月が近くなると株主優待を設けている株の株価が上昇するという現象です。このような現象はその株が持っている株主優待の内容が魅力的なものであればあるほどその傾向が強くなっていきます。

したがって、この傾向を逆手にとって、株主優待の権利確定月に株価が上昇するのを見込んでその数か月前に株を購入しておくという手法を「株主優待飽食狩り」と呼んでいます。このような株の売買のやり方は複雑な理論的裏付けが必要ないため、初心者でも試みやすいものになっています。

配当を狙って長期的な株式投資を行う方法

株式を持っている人にはその株を発行している会社から配当金というものを受け取ることが出来ます。この配当金を受け取る機会は年に1回もしくは年に数回程度設けられています。そして、その人が投資した金額の例えば3パーセントといったような形でお金を受け取ることが出来るようになっています。このような配当金を目的として長期的なスパンで儲けを狙っていくという方法もあります。

例えば、年に2回5パーセントの配当がある会社の株を持っていたならば、1年にあたり10パーセントずつ自分が投資した金額が返ってくることになります。そのため、10年保有を続けると自分が投資した分の金額を回収することも可能となります。

その後、株価が上昇しているタイミングで売却すれば自分が投資した原資を回収した上でさらに売買益まで得ることが出来ます。このように長期的なスパンで株を保有して地道に利益を求めていく方法が配当を狙うという方法になります。株の売買などに大きな時間を割くことが出来ない人にはおすすめの手法になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ