ハイリスク・ハイリターン投資

株式投資は、はじめての方にとっては、意味の分からない用語が多く難しいと感じてしまうと思います。その中でも「信用取引」という言葉も分かりにくい用語の1つです。通常、株式は100万円持っていたら最高で100万円分の株式しか購入することが出来ません。これがいわゆる「現物取引」というものです。それに対して、信用取引は、分かりやすく言うと、100万円の現金があれば、300万円分の株式を購入できますよという取引です。一般的には、、自己資金の約3倍程度の取引が出来るようになります。「信用」という言葉の通り、自分の資金や株式などを担保にして、証券会社からお金を借りて投資が出来てしまうということです。

従って、一定の「信用」が無いとそもそも信用取引自体を行うことが出来ず、始めるには証券会社の審査を通過する必要があります。まるで借金をして取引をしているように見えますが、そのように考えても間違えではないと思います。借りた資金で取引しているので、一般的に「6ヶ月以内」に清算する義務があり、期限を過ぎると強制的に反対決済がなされるなどの特徴があります。

端的には、信用取引は、大きなリターンを得られる場合もあるが、大きなリスクを背負う危険も高く「ハイリスク・ハイリターン」の投資法と言われています。

少ない資金で大きなトレード、そして下落局面には空売りで対処

信用取引のメリットは、大きく2つ挙げられます。

信用取引の特徴でもありますが、1つ目はやはり少ない自己資金で大きな取引が可能ということです。100万あれば300万円程度の取引が出来るので、信用取引で巧く、相場の上昇の流れに乗ることが出来れば大きな利益を生むことが出来ます。ただし、信用取引が出来ない銘柄もあるのでその点は確認が必要です。

2つ目は、普通の取引では、株価が安いときに買っておいて、のちに株価が上がったところで売って利益を出すというイメージをお持ちだと思いますが、信用取引では「空売り(信用売り)」という全く逆の発想の取引が可能になります、非常にイメージしづらいですが、株が下がれば下がるほど、儲かるという仕組みです。空売り自体の仕組みは割愛しますが、業績悪化が見込まれる銘柄や将来性が乏しいと感じる銘柄を空売りすることで、下落局面でも利ザヤを得ることが出来るというわけです。空売りも全ての銘柄で出来るわけではなく、証券取引所によって対象銘柄は決められているので注意が必要です。

金利と株主優待がもらえない点に注意

信用取引のデメリットについても、大きく2つ挙げられます。

1つ目は「金利」です。現物取引であれば取引手数料以外には発生しない「金利」というものが発生します。前述の通り、信用取引は、「信用」において資金や株券を借りる「取引」となるため、借りている期間に応じて金利を支払う必要があります。デイトレード等短期投資の場合は、さほど気にする必要はありませんが、中長期になると、それなりに金利も大きくなるので、注意が必要です。

2つ目が、「株主優待」がもらえないという点です。株主優待は、株取引をする上でも楽しみの1つだと思いますが、信用取引で購入した場合、権利確定日をまたいで信用買いを持続していても受け取ることは出来ないことになっているので、あらかじめ留意しておく必要があります。ただし、「配当金」の場合は、配当金相当額を「配当落調整額」とう名前で、証券会社の預かり金に入金される形で受け取ることが出来ます。逆に、当該銘柄を、信用売りしていた場合は、逆に配当金相当額を支払わなければならなくなるので、こちらも注意が必要です。

追証にならないよう十分な余裕をもって

信用取引をする上で、必ず意識する必要があるのは「追証(追加保証金)」の存在です。前述の通り、信用取引では「信用」のために「保証金」を預ける必要があります。証券会社によって比率にはバラつきがありますが、通常、委託保証金率は約30%と言われています、つまり、300万円の株を買いたい場合は、300万円×30%=90万円相当の保証金が必要です。余裕をもった信用取引をしている場合は、ただちに問題はないのですが、予想を超える暴落局面で、委託保証金率を下回る状況が発生すると、委託保証金率を満たすまで現金を早急に準備するよう通達が来ます。これが、いわゆる「追証」と言われるものです。

「追証」は大引け時に、各証券会社が定める最低保証金維持率を下回った時に発生するので、取引時間帯に最低保証金維持率を一時的に下回ったとしても、大引けで下回っていなければ問題ありません。もし、追証が発生し保証金が準備出来ない場合は、強制的に反対決済がなされ、損益が確定します。ハイリスク、ハイリターンと呼ばれる所以が、ここにあると言っても過言ではありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ