プロに任せられる投資方法

投資の世界の用語というと、「ワラント」「REIT」「ETF」など何か恐ろしげな横文字が並ぶものですが、この「投資信託」とは珍しく読んで字のごとくの投資方法です。「信託」も文字通り、投資のプロに自分の資金の運用を「信じて託する」、ということです。

一人一人が投資するお金は少額でも、多くの人の投資が集まれば大きな額となります。その資金を投資信託会社の投資のプロが指定された投資先に投資を行い、利益が上がれば投資した人に配当が行われる、という仕組みです。投資の最低金額が大きい投資先は、一般の人は投資できません。

しかし、投資信託で多くの人の資金を集めることで投資が可能になるというのです。株やFXなどといった投資方法では自分の判断で売買を行うため、そのタイミングや金額は自分で決めなければなりませんが、投資信託はその商品を一度買ったらあとは「果報は寝て待て」とばかりに見守るのです。投資がうまくいけば、配当金が決められた期間ごとに手に入ります。

少額で始められてリスク分散もできる

投資を始めたばかりの人は、例えば株式ならどの株を買っていいのか判断に困ることでしょう。その点、投資信託は「ファンドマネージャー」と呼ばれる投資のプロが代わりに投資を行ってくれます。

ただ、商品の種類によって投資先が異なります。国内株式、不動産、商品先物取引、国債など各種債権など投資先は様々で、それぞれリスクの度合いも様々ですが、素人では判断できないような投資先でもファンドマネージャーにまかせているので利益が見込める率もぐんと上がるというわけです。

また、投資信託は数ある投資の中でも、最も少ない資金で始められる部類に属します。株式は欲しい株があってもそれを購入する資金が必要ですが、投資信託は1万円からでも始められるのです。更に、「投信積立」と呼ばれる積立制度を使えば、何と月1000円からでも始められるのです。

しかもこの1万円の中でもリスクを分散する「分散投資」が可能なのです。株式はその会社の株が下落すれば資産は減ってしまいます。しかし投資信託はその1万円の中から複数の投資先に資金を振り向けているので、1つの投資先に損益が出たとしても、全体としては損害を被るリスクは低くなるのです。加えて、例えば途上国の国債など、個人では扱えないような種類や地域の投資もその中に組み込むことが可能になります。

リスクの理解は投資の第一歩

投資信託にも色々な注意すべき点があります。まず、維持や取引に色々なコストが掛かるということです。資産を管理してもらうコストとして信託報酬という手数料を支払う必要があります。投資信託を続ける間は継続的に支払い続けることになるコストです。

これ以外にも投資信託の「商品」購入時に販売手数料も別途発生しますので注意が必要です。これらの価格は会社によって異なるのでしっかり確認する必要があります。そうでなければ投資がプラスでもコストでトータルマイナスとなっては何にもなりません。また、投資信託は銀行預金とことなりますので元本は保証されません。信託した先の投資の多くで利益が上らない場合、元本割れするリスクもあることを十分理解しておきましょう。

そのままその商品を保有しておくと資産がさらに目減りする、と判断した場合、元本割れ承知でその商品を解約することを「損切り」と呼びます。ただし、投資先によっては決められた期間「損切り」ができない商品もありますので、万事につけて商品購入の前にはチェックが必要なのです。

購入先にも注意が必要

投資信託について言えば、「銀行なら安心」という先入観は捨てたほうがいいのです。特に、「お客様が損をすれば銀行も同じですから、損をする商品を勧めるわけがありません」などというセールストークをする銀行員がいたら、それはウソだと断言できます。その証拠に、銀行では十中八九手数料無料のタイプの「ノーロード投資信託」の商品を勧めて来ないでしょう。

投資信託における銀行の収入源は販売手数料であり、顧客の損得は銀行の利益には全く関係がないのです。勧めた商品で顧客が損をすれば、次に自分の銀行を利用しないと困るな、位の感覚しか持ち合わせていないと考えたほうが無難です。この世に万能な投資は存在しませんが、一度購入したら他人任せ、というのが性分に合わない方は自分で能動的に投資ができる株式投資を考えるとよいでしょう。

これまで書いたように投資信託はさまざまな維持や取引にコストがかかるので、利益率が投資額を一定以上上回らないとトータルマイナスになってしまう恐れがあります。先ほど書いた「ノーロード投資信託」も、売買手数料は無料ですが、他のコストが割高だという面を持ち合わせています・どのような投資もリスクが0%、というものは存在しません。(最も安全な投資である銀行預金でも、銀行の破綻というリスクが存在するのですから)ですから、その投資のリスクをよく理解しない上で利益だけを期待することは非常に危険なことだと心得ましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ