重要指標で企業の成長を判断

EPS(Earnings Per Share)とは、当期純利益を発行済株式数で割ったもので1株当たりの利益額を示す株式指標です。投資を考える上で最もよく使われる重要な指標であり、過去のEPSの推移をみることで企業の成長を判断することが出来ます。

また、EPSは株価の割安・割高を判断する指標である株価収益率(Price Earnings Ratio,PER)を算出(PER=株価÷EPS)するときに使用されます。EPSが上昇すればPERは低下する関係にあり、株価はより割安と判断されます。

EPSはどのような場合に変動するでしょうか。当期純利益が増加するか、もしくは発行済株式数が減少すればEPSは上昇します。反対に当期純利益が減少するか、もしくは発行済株式数が増加すればEPSは低下することになります。

注意しなければならないのは新株予約権や転換社債といった潜在株式が存在する場合、潜在株式調整後EPSを見なければならないということです。

潜在株式が普通株に転換された場合、発行済株式数が増加することによってEPSが低下してしまいます。

EPSから重要指標を算出

EPSは株価収益率(PER)や著名投資家のウォーレン・バフェット氏が注目していることでも有名な自己資本利益率(Return On Equity,ROE)といった頻繁に使われる株価指標を計算するためにも使われます。

PERとは一口で言うと「投資した金額を回収するのに何年かかるか」ということです。また、ROEとは「自己資本をいかに効率的に収益に繋げたか」というものです。このようにEPS自体が企業業績を判断するうえで基本的な指標であるだけでなく、他の重要な指標を算出するのに必要であるため、上場企業にはEPS・潜在株式調整後EPSを開示する法的義務があります。EPSが表すものは企業の収益力です。

EPSが毎年順調に伸びている企業は投資に適した企業ということができます。更に1株利益に対して1株あたりの配当がいくらかを見れば、きちんと株主還元を行っている企業であるかを判断することもできます。

投資初心者でも開示されたEPSの推移を丹念に追いかけていくことで、将来の成長株を見つけることが出来るかもしれません。

EPSを計算する際に気を付けなければならないのは、様々な特別損益(減価償却費や引当金の修正、棚卸資産の評価訂正など)によって当期純利益が変動することがあるということです。

創業から間もない企業の場合、特殊要因に振られやすいということがあるので、決算内容に注意が必要です。

EPSの変化から見えるもの

将来の株価の見通しを知りたいとき、EPSの計算には予想当期利益を使います。バフェットの言葉に「ビジネスの世界では、常に、フロントガラスより、バックミラーの方がよく見える」というものがありますが、当然ながら過去の実績値からでは将来の見通しを知ることはできません。注意が必要です。

ニュースを見ていると『自社株買い』に関する報道が出ることがありますが、これは発行済株式の減少を意味します。分母が減ることによってEPSは上昇し、市場でも好感して株価が上昇するすることが多いとされます。

定期的な自社株買いによって株主還元を行っている企業は、注目しておいて損はないでしょう。ただ、勿論自社株買いがすべてではなく、業績を向上させ利益を増加させていくことが最も重要であることは言うまでもありません。

『株式分割』や『増資』によって発行済株式数が増加すると、分母が大きくなりますからEPSは低下します。既存の株主にとって保有株の権利が小さくなる『希薄化』につながり、短期的に嫌気されることもあります。

長期的に見た影響を判断するためにはEPSの推移を見る必要があります。株式の希薄化を乗り越えて継続的にEPSが増加している企業には、投資する価値があると言えるのではないでしょうか。

ただ、いずれの場合にしてもEPSのみを見て投資を考えるのではなく、PERなども勘案したうえで期待が先行した割高な銘柄を掴まされることのないようにしたいものです。

テクニカル指標は使えるか?

発行済株式数や1株利益、株価、自己資本などから算出されるEPSやPER、ROEといったファンダメンタル分析に用いる株価指標の他に、株価チャートから今後の値動きを予想するテクニカル指標があります。

移動平均などの株価の方向性を見るトレンド系指標、「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」といった状態を判断するオシレーター系指標の2種類に大別されます。

テクニカル指標を用いて相場を単純化したモデルで表現することで、直感的に相場を理解する手助けになるかもしれません。

もっとも、テクニカル指標には批判的な見方もあります。株価の動きを完全に予想することの出来るテクニカル指標は存在しませんし、多くの経済学者は科学的根拠があるとは言えないと見ています。

一方でテクニカル分析によって株取引をルール化することで、その時々の感情が売買の判断に影響を及ぼさないようにすることが期待できます。

もっとも最終的には投資家の判断次第ですが。ファンダメンタル分析とテクニカル分析、それぞれのメリット・デメリットを考えたうえで上手に指標を利用できるように考えたいものです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ